Skip to content

リフォームローンの金利と取引実績について

リフォームも内容によってはかなりのお金が必要になりますので、ローンを組まなければいけないことがあります。特に住宅ローンの返済も終わっていない場合は、リフォーム用の費用の工面も大変になります。最初は満足だったとしても、年単位で暮らしていれば、リフォームをしたくなることもあります。住宅以外のことにお金が必要なので、リフォームをする為にお金を用意することができない場合には、リフォームローンを利用する方法もあります。多くの場合、リフォームには担保がありません。そのため、申込時の審査では、顧客の信用能力がどの程度のものかを吟味して上で結論を出しています。金利が高めになるのは、目的型ローンとはいっても、担保なしでまとまったお金を借りる以上は、やむをえないことです。ただし、住宅ローンの返済途中で、同一の金融機関にリフォームローンも借りる場合は、金利を低くしてもらえたりもします。
同じ金融会社から融資を受けるとリフォームローンの金利が安くなるのは、現時点での住宅ローンの返済が信用になるためです。今までに、住宅ローンの返済をきちんとできている人ならば、同じ金融機関からのリフォームローンにすると金利がお得になるでしょう。金融機関からすると、新規のお客では無く、すでに取引の実績があるので、貸し倒れのリスクを確認しやすいというメリットがあります。住宅ローンの担保にはその住宅そのものが使われていますので、リフォームによって住居の評価額がアップするのは、銀行にとっても望ましいことです。万が一住宅ローンの支払いが不能になり、住宅を売り払わなければいけなくなった時でも、リフォーム済みの価値の高い家なら、銀行からしても望ましいことです。