Skip to content

クレジットカードの種類について

クレジットカードは多くの金融機関によって取り扱われており、様々な種類のものが市場に出ています。クレジットカードの普及率はたいへん高く、一人当たり複数枚所持するのは当たり前となっています。自分で把握しきれないほどのクレジットカードを所持しつつ、よく使うカードは2、3枚という人もいるのではないでしょうか。ただ所有しているだけではなく、目的に応じて適切に使用することで、クレジットカードは非常にお得になります。年会費を毎年請求されるクレジットカードと、年会費のいらないクレジットカードで、分けて考えてみましょう。1年に1度、年会費を支払わなければ鳴らないカードは、ポイントが入りやすかったり、割引サービスや付帯サービスが多いことがあります。ショッピングや旅行などの保険が付帯している、空港のラウンジが利用可能といった有効的なサービスをうけることも可能です。特に、ポイントバックの還元率が高いクレジットカードは、利用金額が高ければそれだけお得となります。たとえ年会費が発生しても、クレジットカードのサービスを利用したり、ポイント還元を活用できれるなら、得になることがあります。光熱費や通信費、保険など毎月必ず必要となる固定費の支払や、買い物全般の決済に利用するだけでも、大きなポイントバックになる可能性があります。ポイントの還元率や、割引率はクレジットカードによっても違いますので、得になるように、よく考えて使うと結果的に得になります。ポイントの貯まる割合がそれほど高くないけれども、年会費がかからないというクレジットカードは、普段カードをあまり使わない人に向いています。