Skip to content

面接時に質問される転職理由について

もしも転職のために行動を開始するならば、面接の場で転職をする理由について聞かれた時に、何と答えるか決めておくことです。面接時に担当者から質問される転職理由について、どこまで本音で回答すれば良いのか、なかなか難しいものです。
本当の転職するに至った経緯を、面接時に本音で話すべきものなのでしょうか。給料や仕事内容のほかにも、職場の人間関係などに対する不満があって転職を決意した人もいることでしょう。前の職場で働いていては、家族の介護ができないからという理由を持つ人もいます。何らか形で働いていない限りは、お金を得ることができません。どこでもいいから採用されたいということが本音だいう人もいますが、問題は、ありのままを面接の場で話すかどうかです。対人トラブルや、社内の問題ごとがきっかけで前の仕事をやめている人が、新しい仕事につこうとした時、同じような問題を起こすかもしれないと思われたりします。
少しでも印象を良くする為、本当のことを隠して、キャリアアップや憧れていた仕事だったと嘘をつけば良いのでしょうか。嘘の受け答えをしてしまうと、質問でより深い内容を求められたときに、筋の通った内容のある話ができなくなることも心配です。採用担当者にいい印象を持たせるためには、ネガティブな理由を別の視点でポジティブな内容にしていく方法があります。周りの人と考えが合わずに辞めたという人は、より可能性を広げられる職場に移ることで、のびのびと働ける環境を作りたかったと表現できます。面接の時に、担当者に気に入ってもらえるような言葉を話すには、嘘を言うわけではないけれど、ものの表現を工夫するということが大事です。